自分へのご褒美は?CAのご褒美を紹介します

皆様、こんにちは。外資系航空会社に勤務しているRioです。本日も質問を頂きました。「自分へのご褒美は何ですか?」にお答えします。

頑張って仕事をしていると、どうしても欲しくなってしまうのが自分へのご褒美ではないでしょうか?

CAならではというものばかりではありませんが、私が考える自分へのご褒美を紹介していきたいと思います。

■旅行

1つ目のご褒美は旅行です。CAはまとまった休みを取りやすく、自社や提携航空会社の優待航空券を使えます。このため、旅行をしやすい環境にいさせてもらっているなと思います。

周りの同僚でも休みごとに旅行に行っている人が多く、私を含め「ご褒美=旅行」という人が航空業界には多いイメージです。

私は海外で長く生活しているため、最近のご褒美旅行としては日本国内の温泉などに行くことが多くなっています。

日本のホスピタリティの高さを感じるたびに勉強になりますし、私も真似をして仕事に生かしていこうという気持ちになります。

もちろん、CAをしているうちにしか機会がないからという理由で世界各国を旅している人も多くいます。

マチュピチュやウユニ湖は日本からのアクセスが悪いため、CAをしているうちに絶対に行っておきたい場所として人気です。

今はコロナ禍で旅行に行くのは難しいですが、状況が改善したらまたご褒美旅行をしたいなと思っています。

■ショッピング

2つ目のご褒美はショッピングです。

ステイ先では現地価格でブランド品を買えたり、日本未入荷のものが手に入ります。このため、ご褒美としてブランド品を購入することが多いです。

初フライトのご褒美として買った有名ブランドのアクセサリーは今でも大切に使っています。

また、スーパーやドラッグストアなどでの高価でない買い物も「フライト頑張ったんだから!」とご褒美としてカウントしていることが多いです。(笑)

行きのフライトで空っぽだったスーツケースが、帰りにはパンパンになっているのもクルーあるあるの一つだと思います。

■食事

3つ目のご褒美は食事です。私は食べることが大好きなので、食事が一番のご褒美だと思っています。

フライト前にステイ先の名物料理や人気のレストランを調べて、何を食べるかの計画を立てるのも楽しみの一つです。

ステイ先で美味しいものを食べることを目標にフライトを頑張っているといっても過言ではありません。(笑)

最近はコロナの影響でステイ先を自由に出歩くことが出来なくなってしまいました。そこで、ウーバーイーツなどのデリバリーサービスを使って食事を楽しんでいます。

■休息

4つ目のご褒美は睡眠やリラクゼーションを含む休息です。

私が働いている会社では比較的長距離便が多いので、フライトを終えると連休が貰えることが多くあります。

一般的なオフィス業務などの仕事と比べると、私が頂けるお休みは多いです。休みの日に何もせずにひたすらゴロゴロするのもご褒美の一つだと思っています。

また、ステイする国によってはマッサージやスパなどのリラクゼーションをとても安価で受けられることがあります。そういったものもご褒美だなと思い積極的に利用しています。

以上が私の自分へのご褒美でしたがいかがだったでしょうか?

ご褒美自体はCA以外の方にも当てはまるものばかりだったと思います。ですが改めて書いてみると、CAだからこそもっと楽しめているものが多い気がします。

これからもご褒美のために、CAというお仕事を頑張っていきたいと思います。

CAトークでは皆様からのご質問を募集しております。質問ページから遠慮なくご質問下さい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 美容と健康のために気をつけている事

  2. 休日にしていること

  3. 機内では香りも重要!CAおすすめの香水紹介します

  4. CAの好きな国は?意外?あの国を紹介します

  5. 日常生活でも隠せない?CAならではのあれこれ

  6. もらってうれしい!CAがおススメするお土産は?ドイツ編

  7. まるでホテル?CAオススメの飛行機

  8. CAの美しさはすこやかな内面から! 笑顔は最高のメイク

  9. 好きな国は?お気に入りの三カ国を紹介します

  10. CAは体力勝負!美容と健康管理の方法を紹介します

  11. 好きな航空会社の制服 第5位まで

  12. 予想通り?それとも意外?「CAはどんな性格の人が多い?」

  13. もらってうれしい!CAがおススメするお土産は?フランス編

  14. 仕事以外の時間は何をしているの?「CAの休日の過ごし方」

  15. ギャレーワークで料理上手に?CAの得意料理を紹介します

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。