ネイティブレベル?外資系CAに必要な英語力

皆様、こんにちは。外資系航空会社に勤務しているSunnyです。本日も質問を頂きました。「英語は完璧でないとだめですか?」にお答えします。

外資系CAを目指すにあたり、英語の習得は避けて通ることができません。実際に私がCA受験をしていた頃、面接の度に英語の必要性を痛感したことを覚えています。ですが、外資系CAになるにはどのくらいの英語のレベルが必要なのでしょうか?今回は、私の経験談を含めて、お話をさせていただきたいと思います。

■TOEICについて

航空会社によって、CAの採用基準は異なります。アジア系の企業では、TOEICスコアが500点台から600点台あれば、書類選考に通過する可能性はあります。

ヨーロッパ系や中東系の航空会社では、TOEICの提出は必須ではありません。現職場の採用基準には、英語が堪能なこと、という記載がありました。

実際に、私が内定した外資系航空会社2社の書類には、TOEICの点数を記載しませんでした。

■TOEICの勉強は大切?

個人的な意見では、採用基準の最低限の点数があれば、TOEICの勉強に固執することは必要ないと感じています。

私もそうだったように、日本では英語の試験勉強に沢山の時間をかけている方をよく見ます。確かに、個人の資格やスキルを相手にわかりやすく提示する方法として、英語が着目される理由も理解できます。

ですが、私がCAとして働いてきた中で感じたことは、TOEICは世界的に見るとアジアのほんの少しの国でしか知られていないということです。

外資系CAのように世界に出て仕事がしたいと思っている方は、IELTSやケンブリッジ検定を視野に入れてみては良いのではと思います。

■英語のプロフェッショナルとは?

外資系CAを目指されている方で、英語に対する苦手意識が強い方もいらっしゃるのではと思います。

ですが、実際に現役の外資系CAとして働いている私でも、英語力はまだまだです。

「いやいや、そんなこと言って」、と思われた方もいらっしゃるかと思います。ですが、上記でお話ししたように、私のTOEICの点数は自慢できる程のものではありませんでした。なので、点数を記載せずに書類を提出しました。

個人的には、CAになる為にはネイティブ程の英語力は必要ではないと感じています。私は日本生まれ日本育ちで、第一言語は日本語です。ですが、面接を通して何よりも必要に感じたことは、日常会話や自身のことを英語でプレゼンする力でした。

もちろん、外資系CAとして働くにあたり、英語で意思疎通をすることは必須です。ですが、上記で言いましたように、私は面接前の準備で、自身のことをアピールする為に使えそうな単語やフレーズを覚えました。面接では頭脳戦も少しは必要だと思っています。

■英会話を上達させるメリット

また、現在はコロナの影響によってほとんどの企業の採用が止まっています。それにより、外資系CAを目指すことへのモチベーションを保つことが難しい人も沢山いらっしゃると思います。

しかしポジティブに考えると、近い将来旅行ができる世界は必ず来ます。そしてその頃には、今のCAの人数では足りず、沢山の航空会社が採用を始めることが予測できます。なので、英語に自信を付ける時は今だと私は思います。

以前と比べると留学に行く人や、日本への海外旅行者が減りました。これにより、国際交流の場が少なくなりました。ですが、オンラインの英会話やアプリを使って英語力を上達させることも1つの手段だと思います。

私は英語を勉強したことで、人生の選択肢を増やし、世界観を変えることができました。なので、英会話の習得に力を入れることは決して無駄ではないことが伝われば、嬉しく思います。

CAトークでは皆様からのご質問を募集しております。質問ページから遠慮なくご質問下さい。

  • コメント: 3

関連記事

  1. CAに必要な英語力はTOEIC何点以上?英語以外も必要??

  2. モデルの選考?CAの面接対策でしたこと

  3. エアラインスクールに行った方が良いかについて

  4. 留学はCAにとって有利?

  5. CA採用試験の面接とは?どんな対策が必要?

  6. CAになるために、高校生の時からしておくべきオススメのこと。

  7. CAになろうと思ったきっかけは?その原点をお話しします

  8. 外資系を選んだ理由?海外移住を夢見てCAへ

  9. 夢?憧れ?CAになろうと思ったきっかけ

  10. 外資系CAになるための採用基準とは??

  11. 面接対策にエアラインスクールは必要?

  12. CAになりたい!でも何をしたらいい?

  13. CAに向いている人は?現役CAの性格と特徴

  14. 留学経験がないとCAになれない!?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。